エッチな質問.com

2chのエロくてエッチな『質問ある?』や体験談まとめ

近所に住むセックスおばさんの話

  347ビュー

引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1505273598/

1: ID:z9B
話していい?

2: ID:cy3
ええんやで

4: ID:wmx
ワクワク

オススメ記事

3: ID:z9B
あれは10数年前、俺が中3だった頃の話。ある時、友達からセックスおばさんなるものの存在を聞いた。なにやら30代後半くらいの人で頼めば必ずヤラせてくれるらしい。

その噂を聞いたその時は年齢聞いて、おばさんじゃん。ありえん。と思って聞き流した俺だったが、ある日、オナニーしてる時に、急に興味が湧いてきた。

6: ID:z9B
セックスってどれだけ気持ちいいんだ?30代後半って言っても綺麗な人は綺麗だよな。どんな見た目してるんだろ?本当にヤラせてくれるのか?中学生だけど大丈夫か?おっぱい見たい。まんこ見たい。

結果、その日は想像上のセックスおばさんとする妄想で果てた。その日から、俺の頭の中はセックスおばさんのことでいっぱいになった。

8: ID:z9B
中学生、それは性欲おばけだ。俺も例外じゃない。初めて噂を聞いてから数ヶ月経った頃、俺はついに行動に移すことに決めた。

まずは情報収集。俺はばりばり興味ありますよって感じで聞くのが恥ずかしかったから、なんとか話の流れを作り、興味別にないですけど?的なスタンスを取りつつ聞き出すことにした。

なんやかんや(けっこう大変だった)で俺はセックスおばさんとヤるための切符を得ることに成功した。セックスへの執念が可能にした偉業である。

9: ID:z9B
そしてその切符とは1枚の紙切れ。そこにはセックスおばさんの携帯の電話番号が書かれていた。聞いた話によると、ここに電話をかけてアポを取ればOKらしい。

切符を手にした後、数日の間、なかなか勇気を出せずに電話をかけるか迷っていた俺だったがセックスしたい一心でかけてみることにした。家電からだと何かとマズイと思い、公衆電話からかけた。

10: ID:wmx
中学で30後半てマッマくらいじゃね?

12: ID:cy3
>>10
そう考えたらエロいな

11: ID:z9B
プルルルルル……というコール音が鳴る度に心臓がバックンバックン鳴った。そしてその時は来た。

「もしもし」

うっひょい!出た!女性だ!声を聞いた限りだとそんなおばさんっぽくない!胸の高鳴りに反して俺はテンパって、「あの……」とか「えっと……」とかしか言えなかった。

「もしかして貴方、シたい人……?」

13: ID:z9B
そんな糞な俺を向こうは察してくれたようだ。素晴らしい神対応。俺はすぐに「はっはい!そうです!」と鼻息を荒くして答えた。

「声若いみたいだけど何歳?」

若いとダメなのか?という不安が過った。嘘をついて誤魔化すか?そう思ったけど、実際会ったらバレることだと思って15歳だと正直に答えた。

14: ID:z9B
「15歳ってことは高1?」

「いや、その……中3です」

「へぇ!本当に若いね!セックスしたいんだ?いいよ!」

中3と答えて断られると思いきや、即OKの返事。というか答えた後、向こうのテンションが上がったのは気のせいか?

16: ID:z9B
その後、会う日とセックスする場所を決めた。場所はアパートだった。ちなみに後から聞いた話だけど、セックスおばさんはこのアパートに住んでるわけじゃなく、また別に部屋を借りてるらしい。(今回のアパートはセックスするために借りた部屋なのかな。その辺は今だに分からん)

運命の当日、俺は持っている服の中でもオシャレっぽいのを選んで家を出た。前に電話した時に、行く時に連絡してと言われたので、また公衆電話からかけた。近所のコンビニで待ち合わせで、車で迎えに来てくれることになった。

17: ID:z9B
第一印象は正直ガッカリした。妄想の中では綺麗なお姉さんになってたからなwww顔は俺から見たら下の上~中の下くらい。パッと見、年相応のおばさんだった。

でもよく言うボストロールじゃなくて良かった。体もスタイルは良いとは言えないけど、ピザじゃないし服の上から見ても胸がけっこう大きそうだったし、その胸を今から見て、揉めると思ったら余裕でヤレるレベルだった。

20: ID:z9B
アパートに向かうまでの間、車内でいろいろと話した。ほとんどセックスおばさんが質問する→俺が答えるの構図だったけど。意外にも話の内容は下ネタじゃなくて普段の日常のことばっかだった。唯一下だったのは童貞か尋ねられたこと。見栄張ってもしょうがないから正直に答えた。

そうこうしているうちにアパートに着いた。アパートは古くてボロかったけど部屋の中は綺麗だった。最低限の物しか置いてなかったからそう見えただけかもしれないが。

21: ID:z9B
「じゃあしよっか。邪魔だし服全部抜いじゃお?」

今なら全裸より着エロの方が好きだが、この頃はそんな嗜好は特になかったから残念に思うこともなく、服を恥ずかしげもなく脱ぎ、少しずつ露出していくセックスおばさんの肌にめちゃくちゃ興奮した。

俺はいきなり裸を見られるのは恥ずかしかったけど、こんなとこで躓いたらここに来た意味がないから、そんなそぶりも見せずに従って全裸になった。

23: ID:z9B
セックスおばさんはやっぱ巨乳だったけどちょっと垂れてて乳首は茶色かった。お腹周りや脚周りに軽く肉がついてて服を着ていた時よりもだらしない体に見えた。

それでもちんこは既にフル勃起。目の前に全裸の女がいる。見たかったおっぱいやまんこが見える。スタイルの悪さなど些細な問題だった。

30: ID:z9B
ちなみにこの時、俺はまだ包茎で皮が剥けるということを知らなかった。だけどセックスおばさんは包茎ちんこを見ても何も言わなかった。

「こういうこと初めてなんだよね?どうしたい?」

俺の体を舐め回すように見た後、そう聞いてきた。俺は迷わず、「おっぱいを触ってみたい」と答えた。

「おっぱい好きなんだ?いいよ、好きなだけ触らせてあげる」

32: ID:z9B
ベッドに向かい合って座ると、セックスおばさんは「はい、どうぞ」と言って胸を突き出すような体勢になった。

目の前に女のおっぱいがある。少し垂れてるし、おそらく形もあまり良くない胸だが、中3の俺にとってはなんの問題もなく、初めて胸を触れるという興奮は凄まじいものがあった。

33: ID:z9B
両手で包み込むようにして触ってみる。俺はその時、中3だし、小柄な方だし、セックスおばさんが巨乳というのもあって手に余るほどの肉だった。

めちゃくちゃ柔らかかった。相手はおばさんだけど、こんなに興奮した瞬間は人生の中でトップクラスだったかもしれない。

「初めてのおっぱいはどう?もっといっぱい触って揉み揉みしていいんだよ?」

34: ID:z9B
セックスおばさんの言葉で更に興奮が高まる俺。調子にのってめちゃくちゃ揉みしだき、乳首もコリコリと触りまくってやった。

「ああっいいっ!もっと!もっと触ってええ!!」

今思えばおそらく演技だったんだろうと思うが、お互いの気分を高めるためにセックスおばさんは凄い喘いでくれた。中3の俺としてはそれが純粋に嬉しく、女を感じさせているという優越感みたいなのを感じてた。

36: ID:z9B
「ねえ?乳首チュパチュパペロペロして?」

これは嬉しい誘いだった。本能的にむしゃぶりつきたい気持ちがあったけど、どこかまだ遠慮していてやれないでいたから。

すぐにその誘いに乗って本能の赴くままに胸や乳首にむしゃぶりついた。ここでもセックスおばさんは凄い喘いでくれて、興奮した俺はそのまま押し倒して、胸をめちゃくちゃに攻めまくった。俺は相当息が荒くなってた。

37: ID:z9B
「ねえキスして?キス!早くっ!」

その言葉に誘導されて胸を揉みながら唇を荒く重ねた。いきなりセックスおばさんが俺の口内に舌を侵入させてきて驚いたけど俺も負けじとやって、舌を絡ませまくった。

部屋に二人の小さく熱い吐息とピチャピチャという舌と唾液の音が響いてすげーエロかった。

そうしていると俺のちんこにセックスおばさんの手が伸びてきた。急に触られて、ビクンッと震えると同時に自分で触るのとは全然違う妙な気持ち良さを感じた。

38: ID:z9B
そのまま扱かれると気持ちよ過ぎて下半身がガクガクと震えた。キスも胸への攻めもおざなりになり、ちんこへの快感に支配された。

「ふふ……今度は私が気持ち良くしてあげる。ちょっと体勢変えよっか?」

言うとおりにし変えた体勢は、先ほどと同じようにベッドに座ることだったけど、違うのはセックスおばさんが俺の背中越しに座ってるってことだ。

39: ID:z9B
そして後ろから手が伸び、俺のちんこに触れ、扱きはじめ、それと同時に俺の耳をペロペロと舐めたり、息を吹きかけたりされた。更に背中に柔らかな胸を押し付けられた。もう至高の攻めだった。

更に乳首も後ろからコリコリと弄られ、凄いとかヤバイとか言いながら喘ぎまくった。オナニーとは比べ物にならない快感だった。

40: ID:z9B
そのままの流れで俺をベッドに仰向けで寝かせ、さっきとは逆に俺の上に来るセックスおばさん。俺の乳首を舐めながら、ちんこに股を擦りつけてきた。

そこでちんこに冷たい感触を感じたんだが、それがセックスおばさんのまんこから出てる愛液だとわかった。

「ごめんね、我慢できなくなっちゃった。一回出してもまだ出来るよね?」

そう言うと俺の上に跨がり、ちんこを支えながら腰を落としてきた。

41: ID:z9B
ちんこ全体が温かい何かに包まれる感覚。思わず「あふんっ」的な情けない声が漏れた。そう、まんこに俺のちんこが挿入されたのだ。童貞卒業の瞬間。

そのまま腰を上下に動かしてくるセックスおばさん。腰を下ろして深く突き刺さる瞬間毎に、気持ち良さそうに喘いでた。

俺はというと、やばいくらいに気持ちよすぎて挿入されてから数十秒も経ってないのに既にイキそうになってた。

43: ID:z9B
「あっやば…いですっ!あっあっ!すみませんっイ、イキっそうです…っ!」

そう言うと少しペースを落としてくれたけど、もうその時点で限界だった。マジで1分も経ってないと思う。俺は我慢出来ずにイッてしまった。

何度もセックスおばさんの膣内でちんこが震え、その度にドクンドクンと大量の精液が出る。中3といえども中出しは危ないという認識はあったけど、そんなことを考えてる余裕は全くなかった。

44: ID:z9B
頭が真っ白になりながらも、すぐにイッてしまって申し訳なく思って謝った。でも逆に、セックスおばさんは「初めはだいたいそんなものだよ」と言って励ましてくれて、少し気が楽になった。

そして、ゆっくりと腰を上げて抜かれると、ちんこはだらんと垂れて、愛液と精液でベッチャベチャになってた。

45: ID:z9B
俺がグッタリしてる間にセックスおばさんはまんこから垂れてくる精液をティッシュで拭いてた。股開いて拭いてる図はちょっと滑稽だった。腹に肉ちょっと乗ってるし。

「ねえ、まだ出来そう?」

この時は正直、賢者タイム入ってるし、気持ちよすぎて体の力が抜けてたしで無理な気がしてたけど、「たぶん大丈夫です」と答えた。その言い方で察したのか、セックスおばさんは「じゃあここを綺麗にしてあげるね。またおちんちん大きくなったらやろ?」と言ってくれた。

46: ID:z9B
綺麗にしてくれると言うので、ティッシュで拭いてくれるのかと思ったら、ベチャベチャに汚れ、萎えたちんこを咥えてきた。

フェラの知識はあったけど、お掃除フェラの知識はなかった俺は驚いたけど、生涯初のフェラを受けて、十数秒後には面白いように回復し、また元気に勃起させていた。

「凄い。やっぱり若いね。まだそのまま休んでていいからね」

47: ID:z9B
しばらくの間、ゆっくりねーっとり咥えてくれた。スローペースだからか、それともイッた直後で刺激に疎くなっていたからかわからないけど、まんこには及ばないけどこれはまた別の気持ち良さがあるなとぼんやり思ってた。

何もしなくてもちんこを咥えて奉仕してくれている感じがたまらなく心地が良かった。

「そろそろいけそう?」

10分はいかないけどそれに近い時間、スローペースのフェラしてもらった俺はほぼ回復してたから、大丈夫だと返事した。

48: ID:z9B
「じゃあ今度は君が気持ち良くしてくれる?ここ、触って?」

まんこを親指と人差し指で開いて中を見せながら言うセックスおばさん。この時、初めてちゃんとまんこ見て、正直グロいと思った。ちなみに今でも俺はまんこよりおっぱい派だ。

ずっとフェラしてくれてたし、断るわけにもいかないし、何よりグロいとは言え、興味がありまくったから、「上手く出来るかわからないですけど頑張ります」と返事した。

51: ID:z9B
「好きに触ってみて?優しく触ってね」

セックスおばさんは仰向けになって寝て脚をM字開脚した。まんこが丸見えの格好だ。さっきティッシュで拭いていたにも関わらず、もう濡れていることが触らずにわかった。

俺は改めてグロいと思いつつも興味津々に触ってみた。これまた演技かもしれないけど、いじっていると小さく喘いでくれた。

53: ID:z9B
「んっ…そう、そこがさっき君がおちんちん入れた場所だよ。指中に入れてみて?」

ここがそうかと思いつつ、指をゆっくりと入れてみる。ぬるぬるんっと余裕で人差し指が入った。ちんこ入れた時も感じたけど、中は温かかった。

「もっと指入れてみて?」

言われたとおり、中指を足し、更にもっと入れてと言うので、薬指も足して3本の指で抜き刺しした。

54: ID:z9B
「今度はここ、指で優しく擦って?」

小さな豆のような突起を指差して触る箇所を指定してきた。この時は名称しか知らなかったけど、クリトリスだった。指で擦ってみると膣内に指を入れた時よりも明らかに違う反応を示した。

「あっそこいい!気持ちいいのーっ!もっと触って!もっともっとぉ!」

かなり気持ち良さそうにしていてその反応が嬉しくて頑張った。膣内に指を入れて愛液を指に付けてヌルヌルで滑りやすくして触りまくった。

55: ID:z9B
「ねえ、お願い!舐めて!クリをいっぱいペロペロしてーッ!」

グロマンを舐めることに抵抗はあったけど、めちゃくちゃに喘いでるセックスおばさんに興奮した俺はすぐにそれに応じた。後にわかることだけど、このおばさん、クンニされるのが相当好きっぽい。

顔を近付けるとなんとも言えない臭いがして、「うっ…」となったけど構わずに舐めた。泥水を薄めたような味がしたけどそれでも舐めた。

56: ID:z9B
「ああっしゅっしゅごい!いいのぉ!もっと!もっとおおお!!」

臭いがキツかったけど、なるべく息をしないようにして、ひたすらクリトリスを舌で転がして舐めた。途中から後頭部を掴まれてまんこに押し付けられ、セックスおばさんの喘ぎ声がどんどん大きくなっていった。

「んあっイグッ!イッちゃう!!んああああああ!!!!!!」

突如、体がグッ!と強張ったかと思うとその直後にガクガクッと震え、脚もバタバタと動いた。中3の俺でもイッたんだと分かった。まあイクって言ってたしね。

57: ID:z9B
後頭部を掴んでいた力が弱まったため、俺はまんこから口を離した。軽くむせそうになったけど我慢した。臭いだの泥水だの書いたけど、女はイカせたという事実が誇らしかった。

セックスおばさんはというと荒く呼吸をしながらグッタリしてた。しばらくして、起き上がると、「凄く気持ち良かったよ。ありがとね」とお礼を言ってくれて嬉しかった。

58: ID:z9B
「今度は君の番ね。こっち来て?」

手を引いて連れられて来た場所は風呂場だった。俺を迎えに来る前に入れていたのか湯が入ってた。それで風呂の椅子に座るように促され座った。

「ローションって知ってる?」

この時の俺の知識にはなくて、正直に知らないと答えた。すると「ヌルヌルして気持ちいいんだよ?」と教えてくれた。そして、容器から手に出すと、その手でまた後ろから扱いてくれた。

59: ID:z9B
正面に鏡があってちんこを扱かれている姿が見えるし、何よりもローションとやらがヌルッヌルで扱く度にクチュクチュと音がしてエロいわ気持ちいいわで最高だった。

「これ、凄いでしょ?こんな使い方もできるんだよ?」

セックスおばさんは自分の体にローションを塗りたくった。鏡越しに見えるテカった体がすげーエロく感じた。そしてそのヌルヌルの体で俺の体に擦り付けてきた。

61: ID:z9B
ヌルヌルの女体がいやらしく絡み付いてきて、視覚的に楽しめるわ、なにより気持ちいいわでこんなエロいことがこの世に存在していたとはとマジで思った。

「ちょっとそこに座って?」

風呂の桶の淵に座るように言われ、言うとおりに座ると、セックスおばさんは俺の前に立て膝になり、そのまま胸でちんこを挟んできた。いわゆるパイズリだ。

俺のまだ成長しきってない子供包茎ちんこはデカパイに包まれて見えなくなり、ヌルヌルでムニュニュの柔らかい感触が天にも昇る気持ちにさせていた。

62: ID:z9B
「これ...やばいです…!めちゃくちゃ気持ちいい…!」

よくパイズリは視覚的に楽し無ものでそんなに気持ち良くないという意見を聞くけど、この時はマジでそんなことはなかった。ローションのパワーが大きいのかもしれんけどマジで気持ちが良かった。

「このままイク?イッてもいいよ?私のおっぱいの中でいっぱいザーメン出して?」

こんなこと言われたらもう出すしかない。というか出したかった。この最高のおっぱいをちんこ全体で堪能し尽くして。

63: ID:z9B
上下に動く胸に合わせて俺も腰を振り、アホみたいに喘いだ。結果、本日二度目の射精を迎えた。もう腰がガクガク震えた。

「凄い…またいっぱい出たね」

セックスおばさんが一歩退いてちんこが解放された。胸の間にベッチョリと精液が付いててなんともエロかった。

みんなの評価

みんなの評価

(まだ評価されていません)
Loading...

ブログランキング

ランキング参加中!!

1クリックお願いします(´人・ω・`)

オススメ記事

オススメ記事

 - セックス

管理人オススメ!

ハッピーメール

日本一有名な出会い系サイト、ハッピメール!
出会い系を始めるなら絶対的にオススメです。
管理人も過去に実際に何度も会っていますし、出会い系のやり方はほとんどココで覚えました。
なんといっても抜群の知名度による信頼性と会員数の多さが群を抜いており、安心して利用することができます。
初心者の方は、まずはハッピーメールに登録してみることをオススメします。

会員登録 利用料金 無料P数
男女会員登録無料 男性のみポイント制 1P=10円 120P(1,200円分)

ワクワクメール

会員数650万人超え!業界トップクラスの知名度を誇るワクワクメール。
良心的な価格設定やゲーム機能による無料ポイントボーナスなどで、他のサイトより比較的リーズナブルに遊ぶことができます。
管理人は「お金は少ない…けど人と出会いたい!」って時によく利用しています。

会員登録 利用料金 無料P数
男女会員登録無料 男性のみポイント制 1P=10円 120P(1,200円分)

PCMAX

PCMAXはちょっぴり大人向けの出会い系サイトです。
アダルト色が強いので手っ取り早く出会いたい人向けかなと思います。
創設から10年以上の老舗なので、ある程度出会い系に慣れていてサクッと出会いたい人には文句なしにPCMAXをオススメします。

会員登録 利用料金 無料P数
男女会員登録無料 男性のみポイント制 1P=10円 100P(1,000円分)